一人暮らしの食事がめんどくさい!それでもバランスよく食べる方法まとめ

はじめに

皆さんは自炊好きですか?毎日自炊できていますか?

私は全くできていませんし、そもそも食事を作る行為も、献立を考えることも大嫌いです。

一人暮らしを始めたばかりのころは気分も高揚しているので苦になることはなかったですが、しばらくすると「食事取るのメンドくさい!自炊とかもっとめんどくさい!」と感じるようになります。

特に、毎日フルタイムで仕事して、疲れて家に帰ってきてから食事の準備をするなんて拷問ですし、そんな気力なんて残っていないと思います。

現に、私がそうでした。

何なら最近炊飯器捨てたので、自炊するつもりがないことはわかってもらえると思います。

かといって食事を摂らないのは死活問題ですのでめんどくさいけど食べないわけにもいかない。

いくら節約をしようと自炊に励んでも、どうしたって疲れた日にはそんな気力はありませんよね?

なので、今回は、一人暮らしでも簡単に、手軽に、手間がかからない食事の取り方をまとめて見ましたので、是非最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 一人暮らしの食事のリアル
  • めんどくさい時の食事
  • 仕事の後に楽できる食事
  • 栄養満点なのにすごく楽な食事

では、早速行きましょう。

一人暮らしの食事のおすすめ5選

これから紹介する方法は、後に行けば行くほど自炊とはかけ離れます。

しかし、中に自炊するよりも圧倒的に楽なのに、栄養満点な食事を摂る方法を紹介していますので、是非参考にして頂けると幸いです。

料理を作り置きする

JON
JON

金銭的、時間的に楽になる

やっぱり休みの日に一気に作り置きをするのが王道で、仕事の後の時間の節約、金銭的な節約にもなります。

週末の貴重な時間を料理でつぶしてしまうデメリットは大きいですが、自分で食材を選んで、自分好みの味にできるメリットもあります。

私はめんどくさくてできませんでした。

冷食を買いだめする

JON
JON

楽だけど飽きる

最近の冷凍食品は安いのに味はおいしく、食べたいときに食べられるのですごく重宝します。

特に

  • レンジですぐに食べられる
  • 保存がきく

このようなメリットもあるので、一人暮らしの大きな味方になります。

その反面、楽すぎて食べすぎてしまうので味に飽きます。栄養も偏るので、別途ビタミン剤などを取る必要があるのも難点。

コンビニでおかずだけ買う

JON
JON

一番楽だけど飽きる

私が個人的に良く利用していたのがこの方法で、セブンイレブンの総菜コーナーを買い占める勢いで購入していました。

マカロニサラダ、ポテトサラダ、だし巻き卵、とろろ、ハンバーグ、生姜焼き、サバの塩焼き、たこ焼きなど、こういった総菜を購入し、毎日パックご飯をチンして夕飯にしている時期がありました。

最近のコンビニってすごいですね。特にセブンイレブンの総菜はおいしくてびっくりしましたが、やはり飽きます。

それに何となく体に良くない気もするし、食べたいものだけを食べ、大して安いわけでもない、同じようなものをループしているので食事の楽しみはなくなりました。

かなり手軽なのでたまにであればおすすめできます。

出前を頼む

JON
JON

王道。でも毎日は高い。

出前館やウーバーイーツなどを頼んでしまうのも王道ですよね。

食べたいときにスマホ一つで簡単に家まで届くので、一人暮らしの方は重宝しますが、その分値段も高くなりがちで節約とは真逆の生活になります。

節約を考えているならば頻繁に頼むことはできませんが、実はそんな出前を安く頼む方法もあるので、是非併せてご覧ください。

栄養が気になるなら「食材配達」

JON
JON

いちばんおすすめ

一人暮らしで、楽して、でも栄養満点に食べたい!と思ったときにおすすめしたいのが、「食材配達」です。

食材配達とは、管理栄養士の方が栄養面を考慮して食事メニューを考えて作ってくれたものを、冷凍のお弁当として自宅まで届けてくれるサービスの事です。

簡単に言えば、栄養のプロがお弁当を作って自宅まで運んでくれるサービスの事。

この「食材配達」の何が優れているかというと↓↓

  • 管理栄養士が監修しているので、栄養バランスはバッチリ
  • 糖質制限・塩分制限が自動でできる
  • 冷凍保存で宅配されるので、いつでも食べられる
  • メニューは60種類以上あり、さらに毎週増え続けている
  • 食べる時はレンジでチンするだけ

宅食サービスなら1食500円~700円程で食べられるので、コストパフォーマンスが最強です。

ハンバーグ、チキン、カレーなどガッツリ食べられるメニューからデザートまで自分に合った食事を選択することが出来る。

お肉だけでなく、お弁当の中にはたっぷりの野菜が含まれているので、栄養バランスもばっちり。

すべての食事が低糖質なので、栄養バランスと共に、ダイエットをしたい方にもおすすめ。

自分で作るにはめんどくさい、でも栄養満点に複数種類のおかずを口にしたい人に特におすすめしたいのが「ライザップ」のポイントです。

食材配達を利用した1日の食事モデル

JON
JON

私は1日1食は食材配達サービスをおすすめ。

私は朝ごはんを食べないので、基本的に1日2食で生きています。

そのため、私のおすすめは1日1食が食材配達サービスを利用する食べ方です。

1日1食が食材配達

JON
JON

これがおすすめ

食材配達サービスも種類が無限ではないので、飽きずに食べられるのがここだと思います。

朝:グラノーラor抜き

昼:外食(コンビニなど)

夜:食材配達

1日2食が宅食サービス

JON
JON

お弁当も食材配達サービスで!

お昼と夜の2食を食材配達サービスにした場合がこのようなものになります。

お昼も夜もガッツリ食べたい方はおすすめです。

朝:グラノーラor抜き

昼:食材配達

夜:食材配達

1日3食が宅食サービス

JON
JON

朝は軽めに昼夜はガッツリしっかり食べたい方はおすすめ。

食材配達サービスには軽めのパンからデザートまで幅広くメニューがあるので、朝はそのようなものを利用するもの良いと思います。

朝:食材配達

昼:食材配達

夜:食材配達

私の場合、朝ごはんは食べないので、基本的には1日2食の生活を送っていますが、食材配達サービスは1日1食利用しています。

朝は食べず
昼は職場近くで外食
夜は食材配達サービス

私のように、1食でも食材配達サービスを利用すれば栄養が偏ることもなく、かつ楽に生活できるのでQOLは爆上がりです。

まとめ

最後にまとめます。

きょうのまとめ
  • 節約が一番なら→自炊、作り置き
  • 自炊は嫌だ、手間を抑えたいなら→食材配達サービス、総菜、冷食
  • 栄養が気になるなら→食材配達サービス

今日のまとめを作って感じたのが、やはり食材配達サービスがコストパフォーマンスが圧倒的に高いなという事です。

食材配達サービスの1食の値段は約500円~700円ほどですが、この金額は1回コンビニに行くとあっという間に到達する金額です。

コンビニの「食品添加物もりもり」の食事に600円程かけるならば、同額で栄養満点の食事を摂りませんか?

時間と心に余裕があるときは自炊をして、忙しい日常は食材配達サービスなどに頼ってみるのはいかがですか?

是非ご自身の生活リズムに合わせて考え、参考にして頂けたら幸いです。

では本日は以上です。

JON
JON

自炊はめんどくさくてもう無理だな★
またねー★

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。