3年目の真実!一人暮らしの自炊は続いてる?リアルな食生活を紹介

はじめに

一人暮らしを始める際に気になること第1位の食費

その食費について、一人暮らしを始めた当初の私はこのように思っていました。

食費を浮かせるためにも自炊頑張るぞ!

過去の自分は確かにこう思っていましたし、しっかり自炊をしていました。

なんなら最初のころは一人暮らしの楽しさもあり、自炊するのが全く苦ではなく、

「自分の好きなものを自分の好きな味付けでおいしく食べられるなんて最高じゃん!ヘルシーかよ!」

などと思っていました。

ここまで盛大なフラグが立つのも珍しいですが、案の定、時間の経過とともにとにかくめんどくさくなりました。

①仕事行って

②献立考えて

③買い物行って

④ご飯作って

⑤洗い物する

この工程がめんどくさすぎる!特に②以降の全部がめんどくさい!

昔、母に「夜ごはん何食べたい?どうする?」と聞かれたときに「何でもいい」って献立考えるのを放棄していた自分をぶん殴ってやりたいほど考えるのがめんどくさい!!

今現在、一人暮らしを始めて3年が経とうとしていますが、果たして未だに自炊は続いているのか、自炊と外食はどちらの方が食費がかかるのかについてリアルな意見を紹介していこうと思います。

この記事でわかること
  • 一人暮らし3年目でも自炊は続く?
  • 自炊と外食はどっちが食費が安い?
  • 栄養を摂る方法

一人暮らしをしたいけど食費が不安な人、すでに一人暮らしをしているけど自炊が苦痛で仕方ない人の助けになれば幸いです。

それではいきましょう。

【結論】自炊は無理!

JON
JON

今はお惣菜か出前!

自炊がめんどくさいとは言っても、なんだかんだ1年半くらいは自炊を続けていました。

毎日仕事して、毎日自炊。今では絶対無理めんどくさすぎる。

自炊にこだわっていた理由

そもそも自炊にこだわっていた理由は2つ。

  • 食費が安くなる
  • 食事に安心感が出る

食費が安くなるというメリットもありますが、それ以上に、自分の食事に何が入っているのかがわかっている安心感を得られる方が個人的に自炊の良い点だと思います。

自分が作ったので、変なものは入っていません。

食塩量も調節できます。

脂質も糖質もすべてをコントロールできるので、ヘルシーな食事を心がける点は大きなメリットでしょう。

今思えば、好きなものを好きなだけ食べられるってところも大きかったかな。

自炊をやめて食費の変化は?

今現在、自炊は全くせず、何なら炊飯器すら捨ててしまったわけですが、自炊していたときと比べてどの程度食費が上がったのか気になりませんか?

JON
JON

月5000円だけアップ!

これには私もびっくりしています。

自炊期:ひと月約35,000円

自炊諦めた期:ひと月約40,000円

完全自炊の時期と、現在の自炊0期と比べるとたったの5000円しか月に変化していませんでした。

この理由として考えらえれるのが、意外と1人分だけを作るのって難しく、経済的にも優しくないことが原因では?と思います。

そして、私の一人暮らしは「いかに楽するか」で、その生活の質が決まります。

JON
JON

たった5,000円でめんどくさい家事から解放されるなら最高じゃん!

5,000円でめんどくさい買い物も、料理も、洗い物も、そのすべてから解放されます。

この5,000円を高いとみるか、安いとみるかは個人の価値観次第ですが、生活の質を上げる目的で十分ありだと思います。

最近の普段食べているものは?

JON
JON

コンビニ、出前、弁当屋、総菜

自炊を辞めてから、いったい何を食べているのか自分でも気になったので調べてみることにしました。

  • コンビニ弁当(頻度:極小)
  • コンビニ冷凍総菜(頻度:中)
  • 出前館(頻度:高)
  • オリジン弁当・ほっともっと(頻度:高)
  • お惣菜と納豆と豆腐(頻度:高)

大体このパターンに分けられました。

特に利用するのが「出前館」と「オリジン弁当」や「ほっともっと」などのお弁当屋さん、これらを利用しない時には納豆ご飯。

ちなみに、コンビニ冷凍総菜とはこんな感じのもの↓↓

JON
JON

この冷凍総菜がマジで優秀!

おいしいのにチンするだけでいいから楽ちんです。超優秀アイテムで、一人暮らしには欠かせないと思っています。

結局一人暮らしで自炊が続く人って、相当ストイックか、料理が好きかのパターンに分けられます。

もしこれに当てはまらないようであれば無理して自炊せず、私のように楽して暮らせばいいのでは?

食費も大して変わらないし。と思います。

自炊しないでも栄養を摂る方法

JON
JON

ビタミン剤に弁当宅配でOK

最近の世の中はものすごく便利です。

足りないなら外部から摂取しよう!この考えで何とかなります。

具体的には↓↓

  1. ビタミン剤を摂取
  2. 弁当宅配サービスを利用

1ビタミン剤の摂取

JON
JON

市販の「医薬品」でOK

これは超簡単ですが、ちゃんと飲むことで不足しがちな栄養を補給することが出来ます。

できればサプリメントよりも「医薬品」の方が効果も根拠も高いので、そちらをおすすめしますが、はじめは家にあるのを飲めばいいと思います。

以下に、サプリと医薬品の違いを超簡単に載せます↓↓

★サプリメントは〇㎎配合と書いてあっても、どの程度吸収されるかわからない。
★医薬品はわかっているからエビデンスがある。安心。

医薬品の方が安心でエビデンスもありますが、その分値段も高くなるのが難点。でも健康には変えられませんね。

ちなみに、私が毎日欠かさず飲んでいるビタミン剤は2種類。

ユーグレナは医薬品ではないですが、めちゃくちゃ体に良いので、こちらも毎日服用しています。

ユーグレナの特徴として

  • 59種類の栄養素が配合
  • 乳酸菌も配合
  • 植物と動物の2つの特徴を持つ
JON
JON

なんかすごくない?栄養満点っぽい感じしない?

59種類の栄養素が入ってるだけで1日分の栄養を摂った気になりませんか?入ってる栄養素は以下の通り。

この栄養素の特徴として、植物と動物の特徴が混じっているのがわかりますか?

つまりユーグレナは、肉、魚、野菜の栄養をバランスよく摂取できるので私は服用しています。

ここ大事です。

すべてをバランスよく摂ることで、栄養バランスを整えてくれるスーパーフードがユーグレナなので私は服用しています。

手軽に栄養を摂りたいなら、紹介した2つの服用は強くお勧めします。

リンクがありますので、気になる方は是非そちらからどうぞ♪

2弁当宅配サービスを利用

ビタミン剤に頼りたくない人は弁当宅配サービスを利用するのもいいかもしれませんね。

弁当宅配サービスとは、管理栄養士の方がメニューを考えてくれた栄養満点のお弁当を冷凍で宅配してくれるサービスです。

食べたいメニューを選択して、家に届いたら食べたいときに電子レンジで温めるだけで、栄養満点の食事を楽しむことが出来ます。

メニューの数も豊富なので飽きずに継続できるのも良い点です。味もおいしいですよ♪

詳しくはこちらもご覧いただけるとうれしいです。

一人暮らしならではの「栄養不足」の問題点も、以上のようなサービスやビタミン剤に頼れば簡単に解決できますね。

まとめ

本日は、一人暮らし歴が長くなっても自炊が続くのかについて記事にしましたが、いかがだったでしょうか。

きょうのまとめ
  • 自炊は無理、続かない。
  • 自炊しても自炊を辞めても食費は誤差の範囲
  • 出前館とお弁当屋さんが超便利
  • 栄養問題は「ビタミン剤」or「弁当宅配サービス」で解決

食費は自炊の方が圧倒的に安い!と巷では根拠もなく語られていますが、今回の私の実体験で証明されたように、大して変わりません。

めんどくさいと感じつつ、頑張って自炊しても5000円ほどしか安くなりません。

誤差の範囲の為に、好きでもないめんどくさい料理をし続けるよりも、もっと楽して他の事に時間を費やしませんか?

いかにして楽するか。

これが一人暮らしの醍醐味です。

では本日は、以上です。

JON
JON

自炊やめても食費変わらないぞ!
またねー★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。