【買うな!】話題の「ticova」は座り心地最悪?実際に購入したレビュー

はじめに

新型コロナウイルスが影響してか、新たにオフィスチェアを自宅用に購入しようと考える人が増えてきました。

でも実際何がいいのか、どんな椅子が欲しいのかわからなくなってきませんか?

たくさん見たらわからなくなってきた…

どれでも同じでしょ?

いくら払えば良い?おすすめ…?

私自身、ネットで調べ倒して、YouTubeでも該当する動画を見たりしていました。

そして、ついに見つけた「Ticova」!

これにしようと決めた理由は、あるYouTuberの以下の動画がきっかけです↓↓

結果として、これを信じたせいで大失敗するなんて、この時点では微塵も思っていなかったですが…

なので、今日はなぜ「Ticova」を購入するに至ったか、そしてなぜ後悔しているのかを記事にしていこうと思います。

現在Ticovaの購入を検討している人は参考にしてみてください。

いや、むしろ買わないほうがいいことを理解してください。

この記事でわかること
  • Ticovaを購入した理由
  • Ticovaで後悔したポイント
  • Ticovaの代わりに購入したオフィスチェア

今ではTicovaの名前すら出したくないですが、同じ経験をしてほしくないので是非最後までご覧ください。

ではいきましょう。

【結論】Ticovaを買うと後悔する

JON
JON

とにかく痛い!邪魔!違和感しかない!

Ticovaは絶対に買っちゃダメです。

元々私は腰痛持ちなので、腰に優しい椅子を2万円程度で探していたところ、Ticovaを見つけ購入を決めましたが、ここが大失敗でした。

なぜなら座ると同時に、むしろ座った瞬間から↓↓

  • おしりの違和感
  • アームレストの貧弱さ
  • 腰に部品が突き刺さるような痛み

これらを感じました。

先ほど、Ticovaを絶賛していたYouTuberを紹介しましたが、どこが良かったのか対談したいくらいです。

とにかく、いろいろなことを言っていても仕方ないので、具体的に後悔したポイントを解説してきます。

Ticovaで後悔したポイントは?

JON
JON

痛い・ツライ・安っぽい!

後悔したポイントはこの3点↓↓

  • 座った瞬間違和感がある
  • 座ると背中が痛くなる
  • 調節幅が小さい

1つずつ見ていきます。

背中が痛い

後悔したポイントは以上3点ですが、その中でも一番後悔した&不満を感じたポイントが

とにかく背中と腰とおしりが痛い!!

そして、この後悔したポイントの「痛み」の原因はすぐに判明しました。

この椅子の特徴の一つとして、姿勢を正しく保つためにバックレストが存在しているのですが、このバックレストが原因です。

こいつがこの椅子の座り心地を地の底まで落としているといっても過言ではありません。

このバックレストは調節が可能ですが、その調節幅も微妙で、どう調節しても背中に干渉します。

JON
JON

まるでハンガー2~3本で支えられているような違和感

作りが安いからか、プラスチックの固さが際立ちます。

これによって背中と腰の痛みが増幅し、長時間の作業は不可能に。

腰痛持ちで、腰の優しさを重要視する人には向かないので、気を付けてください。

ポイント

Ticovaは作りが安い!座った瞬間から背中が痛い!

座ったときの違和感

JON
JON

座って1秒でバックレストが邪魔に感じる

違和感の原因もバックレストです。

腰と背中の痛みだけでなく、座ると違和感もあります。

良い椅子に座ったときに

「長時間座っても違和感がない!疲れない!」

という言葉がありますが、このTicovaに関しては逆です。

座って1秒でバックレストの不快感に気づきます。

とにかく邪魔です。

お尻も背中も違和感だらけ!長時間は絶対無理!

調節幅が小さい

JON
JON

調節できますって言ってる割に足りない

一応、この椅子の売りでもあるみたいなのですが、いろいろ調節できます。

  • リクライニング機能調節
  • バックレストの強さ調節
  • 腕置き場調節

いろいろありますが、どれも中途半端です。

Ticovaはリクライニング機能が中途半端

JON
JON

特にリクライニングの調節機能が中途半端。

一応、3段階の調節は可能ですが、本当にロックしてほしいポイントでリクライニングを止めることはできません。

これがまさに微妙。

  • ①は直角すぎる
  • ②は背中が痛い
  • ③は遠い

①だと作業するには直角すぎてやりづらいし、②だと背中が痛すぎるし、③だとリラックスも作業もできない姿勢。

すべてにおいて中途半端なTicovaさんですよ本当。

ポイント

リクライニング機能はおまけ程度の性能なんかずっと痛い

バックレストの調節幅

JON
JON

背中に干渉しなければいいのに….

先ほどもちょろっと書きましたが、「バックレストも調節が可能」と公式は発表しています。

画像はAmazonの商品説明からお借りしましたが、この画像の通り、若干は動く模様。

確かに調節はできますが、どの位置に当てても背中に干渉します。

例えば、これが取り外せるようでしたら問題ないのですが、取り外しもできない、最大まで調節しても背中に食い込む感覚がぬぐえないのなら意味ありません。

脊椎にフィットなんてしないので、広告通りを期待するのはやめましょう。

ポイント

バックレストがすべての元凶。調節はほとんど不可!

Ticovaのオフィスチェアの購入を決意したポイント

JON
JON

YouTuberのないとーブログさんを信じて購入した所存です…

そもそも、なぜこの「Ticova」を購入したかというと、YouTuberの「ないとーブログさん」が絶賛していた動画を見て、Amazonのレビュー欄も評価が良さそうでしたので購入しました。

ちょうどこの動画を見つけた当時は、どの椅子にしようか迷いまくっていた時期で、「イス沼地獄」に陥っていた時期でもあり、

どんな椅子がいいのかわからん。

もう考えるのめんどくさい。

早く椅子が欲しい!

そんなことを考えるようになった時に、ちょうど「人気YouTuberが紹介してる椅子なら問題ないでしょ!」と思ったのがきっかけです。

2万円って椅子の中では高い方ですが、これならニトリの1万円以下の椅子の方がコスパは良いですよ。

まあ、結局はTicovaを返却したんですけどね。

Ticovaの代わりに購入したオフィスチェアは?

JON
JON

買ったのはエルゴヒューマン!

結局、悩みに悩んで購入した「Ticova」でしたが、いろいろと不具合がありすぎてイライラするので、返品することに。

さて、返品したらまた同じ悩みが出てきます。

イスどうしよう…

もう失敗したくない…

今回はもう失敗したくなかったこともあり、最大手のエルゴヒューマンを購入することにしましたが、これが大正解でした。

購入したのはこちら↓↓

エルゴヒューマン エンジョイチェアEJ-HBM KM-11

JON
JON

すべてにおいて完璧!

最終的に購入したのが「エルゴヒューマン エンジョイチェアEJ-HBM KM-11」です。

今まで使用していたどの椅子と比べても快適性は圧倒的で、もちろんTicovaと比べてもエルゴヒューマンの圧勝です。

見た目はこんな感じ↓↓

エルゴヒューマンのおすすめポイント

エルゴヒューマンを買って、良かったポイントをまとめます。

  • 腰から背中のホールド感が気持ちいい
  • 背中のメッシュが柔らかい素材で肌触りがいい
  • おしりのメッシュが絶妙な固さ
  • アームレストの安定性が抜群
  • リクライニング機能が充実!
  • ヘッドレストが気持ちがいい

腰から背中のホールド感

JON
JON

桁違いのホールド感

エルゴヒューマンに座るようになってから、長時間座っていても腰痛に悩まされることがなくなりました。

これには、背中のメッシュ素材のホールド感が大きく関係しているのでは?と思います。

これが実際の背もたれの画像。

まるでハンモックに寄りかかっているような柔らかいホールド感を実感することが出来、最高の座り心地を演出してくれています。

この椅子を買ってから、1日15時間くらいはこの椅子で作業していますが、腰が痛くならないのはありがたいですね。

ポイント

1日15時間座っても疲れない!痛くない!

メッシュ素材の肌触りのよさ

JON
JON

しっとり肌に馴染む感じ!

一般的にメッシュ素材の場合、服を着ないで座るとチクチクしますが、エルゴヒューマンのメッシュは全くチクチクしません。

メッシュ素材なのに、もっちり、しっとりした感覚がありとても肌触りが良いのも高評価ポイント。

ポイント

メッシュ素材がしっとりしてる!気持ちがいい

おしりのメッシュの絶妙な固さ

JON
JON

おしりが痛くならない不思議!

イスに何時間座っていても、おしりが痛くなることは有りません。

私も1日15時間は座ることもあるのですが、それでもお尻から腰に掛けて痛みを感じることは一切ないので、長時間座り仕事をする人にこそおすすめ。

見た目は以下の通り↓↓

見た感じは一般的な椅子。

でも、座ってみると適度な固さで、おしりにフィットするかのような座り心地。

万人におすすめしたいです。

ポイント

いくらでも座れそうな絶妙な固さ

アームレストの安定性

JON
JON

調節幅がものすごく広い!

椅子に座って作業していると、ベストポジションを見つけるのって難しくないですか?

特に肘の高さや向きが気になると思います。

エルゴヒューマンはその点も素晴らしく、アームレストの調節幅が広いだけでなく、その安定性も素晴らしいです。

調節可能な部位は以下の通り。

  • 前後
  • 左右
  • 斜め
  • 高さ

すべてに対応していますね。

前後

まずは前後の調節幅を紹介します。

写真で見ると大して動いているように感じませんが、これだけでも肘と手首の負担が大幅に軽減されます。

それによって、長時間の作業にも余裕で耐えられるというわけですね。

左右

JON
JON

左右も超便利!

左右に動くと聞いてもピンとこないと思いますので、さっそく画像を見てください。

これも、画像で見る以上の効果があります。

ベストポジションを見つける意味では、前後左右に動く必要があることが身をもって体感出来ました。

私は体に近づけるような位置にアームレストを持ってくるのが好きなので、位置が整うと作業がはかどります!

斜め

JON
JON

ベストポジションに一気に近づく!

斜めに動く?はい?という返事がきそうなので、しっかり画像で見ていきましょう。

これだけ左右に調節出来れば、肘をどっしり置けるベストポジションを探れるので、変な体制で作業することがなくなります。

結果として楽な体制で作業に取り組めて、肩の痛みや腰の痛み、手首の痛みなどから解放してくれるのでおすすめです。

体の不調を訴える前にエルゴヒューマンをおすすめします。

高さ

JON
JON

ベストポジションの完成!

もちろん、アームレストの高さだって調節可能です。

これらの調節機能をうまく使う事で、作業効率は大きく異なってきます。

もちろんTicovaにはここまでの機能は備わっていないので、なおさらTicovaを選ぶのはやめましょう。

Ticovaは絶対に後悔します。

ポイント

アームレストの調節幅が広い!誰でもベストポジションを見つけられる!

リクライニング機能も充実!

JON
JON

集中もリラックスもできる!

リクライニング機能も充実しています。

集中したいときには前傾姿勢を維持して、逆にリラックスしたいときには体全体を椅子に預けるような後傾の姿勢を取るといいでしょう

以下がリクライニング機能の位置↓↓

④番に関しては、めったに使いません。きもちよくて寝ちゃうから。

主に使うのが③の角度ですが、集中したいとき、書き物をするときは①を使ったりするので、この調節機能は結構便利です。

ポイント

どの位置にリクライニングしても気持ちがいい!

とにかく、調節できる部分が多く、安定性も十分なエルゴヒューマンは万人にお勧めしたいです。

少し高いですが、10年使うなら安い椅子よりも良い椅子の方が良いと思いますよ。

【結論2】2万円も出してTicovaは絶対に買うな。

JON
JON

絶対に後悔します。やめましょう

長時間座ると腰が痛くなるどころの話ではなく、座った瞬間から背中が痛くなるイスなんて欲しいですか?

とにかくTicovaはバックレストが邪魔で痛い

それに比べて、エルゴヒューマンの椅子は素晴らしいの一言に尽きます。

バックレスト、メッシュ素材、ヘッドレスト、アームレスト、リクライニング機能など、すべてに満点を出せます。

少し高い良い椅子を購入しようと考えているのならば、体の事も考えてエルゴヒューマンを購入することを強くお勧めします。

特に私のように腰痛持ちの方や、長時間作業する方にはもってこいの椅子ですよ。

まとめ

本日は、Ticovaを購入して使ってみた感想から、エルゴヒューマンを買いなおした記事を書きましたが、いかがだったでしょうか?

きょうのまとめ

Ticova」と「エルゴヒューマン エンジョイチェアEJ-HBM KM-11」は値段も大きく違いますが、それ以上の性能差を感じます。

何度でも言いますが↓↓

ポイント

Ticovaはゴミ!エルゴヒューマンがおすすめ

座り疲れを経験したことがある方にこそ座ってほしい椅子、それがエルゴヒューマンです。

どれだけ高くても、健康には変えられないと思いますよ?

では本日は以上です。

JON
JON

健康とお金はどっちが大事?★
またねー★

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。