【画像付き】失効直前のANAマイルを楽天ポイントに変更する方法を解説

はじめに

新型コロナウイルスが蔓延する昨今、行きたいところはたくさんあっても、なかなか旅行に行けませんよね。

今までは好きな時に、好きな場所に行けていただけに行けないのが残念ですし、何より気になるのが「マイル」の失効。

マイルが失効しちゃう….使いたいけど旅行に行けないし….

こんな情勢じゃマイルばかりあっても仕方ないし、どうにかして他のポイントに交換したい!

マイルは貯まるのに、使い道がない人はきっとこのようなことを思っているはず。

実は私もマイルの使い道に困っていたのですが、失効する前に有効活用できないかと考え調べたところ、ANAのマイルなら楽天ポイントに交換できることを発見しました。

しかも、「1ANAマイル:1楽天ポイント」で等価交換が可能!

この方法を見つけたので、今日はANAマイルから楽天ポイントに交換する方法について記事にしていこうと思います。

この記事でわかること
  • ANAマイルを楽天ポイントに交換する方法

JON
JON

ども!JONです!

私、過去記事の「アマゾンから楽天に!楽天カードのポイントの貯まり方に驚愕した理由」でもわかる通り、今ではすっかり楽天ユーザーになってしまったので、日々楽天ポイント集めに尽力しております。

JONという人間
  • 楽天ユーザー
  • 楽天ポイントが大好き
  • 現在SPU8.5倍(2021年10月18日現在)
  • ANAマイルの「40,000マイル」が失効しそう

楽天ポイントに憑りつかれた現在、ANAマイルを楽天ポイントに交換できる方法を知ったときは舞い上がりました。

なぜなら↓↓

JON
JON

ANAマイルが40,000マイルもあったから!

コロナウイルスが蔓延している現在、マイルを使わずに失効させてしまってはもったいない。

なのでいっそのこと、

JON
JON

すべてのANAマイルを楽天ポイントに変えちゃおう!そしたら40000ポイントも増えるぜ★

このように考え、この記事を書くことに決めました。

この記事が合う人
  • 今現在、ANAマイルが失効しそう
  • ANAマイルの使い道がわからない
  • ANAマイルの楽天ポイントへの交換方法がわからない

もしあなたが現在、少しでもANAマイルを無駄にしてしまいそうで悩んでいる場合は、この記事を読んで楽天ポイントに交換してみては?

それでは早速行きましょう!

よろしくお願いします!

【結論】マイルで楽天ポイント40,000ポイントゲット!

JON
JON

楽天ポイント40,000ゲットだぜ!

ANAのマイルが40,000ポイントたまっていたので、すべて交換すると40,000ポイントの楽天ポイントに!

まさに臨時収入。

新型コロナウイルスが蔓延している状態なので、ビジネスでマイルを使う人以外は、使えなくてうずうずしているはず。

私のように他社の提携ポイントに交換してしまえば、普段の生活で使えたり、クレジットカードの引き落とし金額に充てたりできるので意外と便利です。

もしマイルが貯まっているなら、この際に交換手続きを進めていきましょう!

以下から、手続きの手順を説明していきます。

ANAマイル→楽天ポイントの変換手順

JON
JON

実際にやってみたらややこしかったよ!

画像付きで解説します!

今回、ANAのマイルを楽天ポイントに交換するための手続きを実際にやってきましたが、少しめんどくさかったので、初めての人は迷うかもしれないので、画像付きで説明をしていきます。

まずは大まかな手順↓↓

ANAのマイル→楽天ポイントの手順
  • ANAマイレージクラブにアクセスしてログインする
  • ANAマイレージクラブを開く
  • マイルを使う(検索)をクリック
  • 提携ポイントへの交換をクリック
  • 楽天ポイントをクリック
  • 楽天ポイントに交換するをクリック
  • インターネットで交換を申し込むをクリック
  • 楽天ポイント口座番号をコピーする
  • 楽天ポイント口座番号をペーストして確認ボタンをクリック
  • メールを送信をクリックし、受信したメール内のリンクをクリック
  • ログイン情報を入力して「次へ」をクリック
  • 確認チェックボタンをクリックして、申し込むをクリック

文字にするとわかりにくかったり、手順が多くてしり込みしますが大丈夫。

ちゃんとわかりやすく画像込みで説明していきますよ。

ちなみに、今回は楽天ポイントで解説していきますが、ANAマイルから楽天ポイントに交換するのに7日~10日はかかるので、マイルの失効期間を把握してから臨みましょうね。

ANAマイレージクラブにアクセスしてログインする

まずば「ANAのマイレージクラブ」のサイトにアクセスしましょう。

ANAマイレージクラブはこちら

ANAマイレージクラブを開く

次に、ANAマイレージクラブを開き「ANAマイレージクラブのバー」を開きます。

マイルを使う(検索)をクリック

マイルを使う(検索)を選択。

ちなみに、マイルを使うTOPでもできますが、今回は(検索)の方で進めます。

提携ポイントへの交換をクリック

少しスクロールすると、「提携ポイントへの交換」というような欄が表示されるので、こちらをクリック。

楽天ポイントをクリック

あなたが良く使うポイントを選択してもらえばいいですが、今回は楽天ポイントで説明していきます。

どのポイントも基本的な流れは同じなので、安心して進めてください。

「楽天ポイント」をクリック。

楽天ポイントに交換するをクリック

スクロールして、「楽天ポイントに交換する」をクリック。

インターネットで交換を申し込むをクリック

「インターネットで申し込む」をクリック。

楽天ポイント口座番号をコピーする

ANAマイレージクラブから少し離れます。

と言うのも、「楽天ポイント口座番号」が必要になるので、ご自身のポイント口座番号を把握しましょう。

自分の楽天ポイント口座番号を把握

口座番号と書いてありますが、銀行ではなく、あくまでもポイントの口座番号ですので注意。

把握出来たらコピーするのも忘れずに。

楽天ポイント口座番号をペーストして確認ボタンをクリック

先ほどコピーした「楽天ポイント口座番号」を、ANAマイレージクラブの入力欄にペーストします。

ペーストが出来たら確認ボタンをクリック。

メールを送信をクリックし、受信したメール内のリンクをクリック

各種、自分の情報を確認して、OKだったら「メールを送信する」をクリック。

ちなみに、ANAマイルが10,000マイルと表示されている部分は編集できません。

10,000マイル以上を交換したい場合は、再度同じ手順を行う必要があることも覚えておきましょう。

「メールを送信する」を押した後は、自身のメールボックスをチェックします。

私の場合、Gメールに設定したので、Gメールの受信ボックスに来てました。

メールを開きます。

メール本文のリンクにアクセスしましょう。

ログイン情報を入力して「次へ」をクリック

メールの本文にあったリンクからアクセスすると、再度ログインを要求されるので、入力後「次へ」をクリック。

確認チェックボタンをクリックして、申し込むをクリック

先ほど入力した情報の最終チェックが行われるので、間違いがないかよく確認しましょう。

間違いがなければ「以上の内容を確認した」にクリックして、「以上の内容で申し込む」をクリック。

お疲れさまでした。

7日~10日で楽天ポイントが入るので、気長に待ちましょう。

ANAマイル→楽天ポイントに交換する際の注意点

楽天ポイントに交換するのに注意する点が2つあります。

注意点
  • ANAマイル→楽天ポイントに交換するのに10日かかる
  • 1年間(4/1~3/31)の間に30,000マイル以上交換する際は、交換比率が変化する

1つ1つ見ていきましょう。

ANAマイル→楽天ポイントに交換するのに10日かかる

JON
JON

交換するサイトでも記載されてる!

ANAマイル→楽天ポイントに交換する際の期間は約「7日~10日」。

ネットを調べると、4日で交換された!などの声も見受けられましたが、気長に待ちましょう。

ちなみに、ANAマイルの失効直前の申し込みの場合、交換される前に失効してしまう可能性もあるので、ある程度余裕を持って申し込むのをおすすめします。

1年間(4/1~3/31)の間に30,000マイル以上交換する際は、交換比率が変化する

JON
JON

実質1年間で20,000ポイントが限界!

20,000マイルまでなら20,000楽天ポイントに交換されるだけなので、特に損はしません。

しかし、年度中で30,000マイル以上になると、交換率は半減します。

年度内に30,000マイルを超えると、「10,000マイルが5,000楽天ポイント」になる

交換の比率が変化しても0よりマシ!構わないよ!という方は関係ないですが、ANAマイルと楽天ポイントの交換が1:1に魅力を感じているなら無視できません。

JON
JON

10,000マイルが5,000楽天ポイントに減っちゃうの!

「10,000ANAマイル:5,000楽天ポイント」だと損した気分になるので、私のように20,000マイル以上持っている人は、年度を超えて複数回に分けて交換するようにしましょう。

ポイント

4月~翌年3月の間で20000マイル以上の交換だと、交換比率が下がる!

【結論2】失効するくらいならポイントに変換しよう

JON
JON

ゴミになるより、楽天ポイントの方が良いよね♪

私のように、いつかハワイ旅行するためにマイルを貯めていた方は多いと思いますが、新型コロナウイルスが蔓延している現在、それは難しいかも….

旅行に行けないままマイルの失効期限が来て、せっかく貯めたマイルがすべて無駄になるのは持ったいない。

それだったら、いっそ楽天ポイント等、普段使いできるものに交換してしまった方がお得だと思います。

楽天ポイントなら「1ANAマイル:1楽天ポイント」で交換が出来るので、ロスもないしおすすめですよ♪

まとめ

本日は、「余ったANAマイルを楽天ポイントに交換する」記事を書きましたが、いかがだったでしょうか?

きょうのまとめ
  • ANAマイルは楽天ポイントに交換できる
  • 10,000ANAマイルに対して、10,000楽天ポイントに交換可能
  • 1:1で交換できるのは、4月1日~翌3月31日の間で20,000マイルまで
  • 30,000以上になると、交換率は「10,000ANAマイル:5,000楽天ポイント」に半減
  • 楽天ポイントに交換されるまでの期間は7日~10日

ANAマイルは使い勝手も良いし、貯まりやすいので貯めている人も多いと思います。

しかし、新型コロナウイルスが蔓延している現在、その使い道に困るのも事実。

それだったら、いっそのこと楽天ポイントに変えて、臨時収入を得ませんか?

では本日は、以上です。

JON
JON

ゆとりのある生活って最高♪

またねー★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。